うごめく 漢字。 「蠢く」読める?漢字の意味から想像すると分かるかも

「うごめく」を漢字で書くと?

漢字 うごめく

これも皆さんがきっと聞いたことのある言葉なのですが、いったいなんと読むのでしょうか? 春の下に虫が2つ……という文字の作りから想像すると、読み方がなんとなく分かるかも。 みなさんは、「蠢く」の読み方がわかりますか?読めそうなのに読めない…。 今回ご紹介した中で、あなたは何個読むことができましたか?読めなかった漢字は、これを機会に覚えてみてくださいね。

5
・コソコソする ・こそこそ行動する ・密かに行動する どうでしたか? 「蠢く」のニュアンスとしては、 元が芋虫や毛虫、うじなどが 動く様を表した言葉であるため、 あまり良い意味で使われることはありませんね。 先程の漢字の成り立ちに近い意味です。

「うごめく」を漢字で書くと?

漢字 うごめく

でもこれって、 他にも作れそうですよね。 「蠢く」の2つ目の意味の類語は? この類語は少し危険な言葉が並びます。 「蠢く」の1つ目の意味の類語は? 似たような言い換え方としては ・蠢動(しゅんどう) などとも表現できます。

13
(3)「囀る」 「囀る」の読み方は、「さえずる」と読むのが正解です!「囀る(さえずる)」は、普段は見かけることの少ない漢字ですよね。

「うごめく」を漢字で書くと?

漢字 うごめく

「声声声く」=「声」3つで「どよめく」 「驚驚驚く」=「驚」3つで「でどよめく」 「揺揺揺く」=「揺」3つで「よろめく」 「光光光く」=「光」3つで「きらめく」 「犬犬犬」=「犬」が3つで「ほたえる」。 あ、 似た字で「蠢く」ものがあったぞ! 「蟲」 です。

2
なぶる【嬲る】は「おおお」か。 季節のピーク「冬の深まり」に関して。

「うごめく」を漢字で書くと?

漢字 うごめく

(「平成ことば事情47冬の深まり」= 199 年 12 月に書きました。 「蠢く」の1つ目の意味は? まずは、 分かりやすい意味から見てみます。 元々は虫の動きから生まれた言葉ですが、 使い方は虫だけに留まりません。

11
「犇く」 という漢字は、 「ひしめく」 と読みます。 ひらがなで書けば「知ってる!」と思った人が多いのではないでしょうか。

「蠢く」の意味は3つあった!?その類語は?

漢字 うごめく

(豊島オリカ). 「春になると虫たちが蠢く」といったストレートな用法の他に、「暗黒街に蠢く者たち」なんて文学的な使われ方もします。 たとえば日常会話にも出てくるなど。

「蠢く」の読み方は? 「蠢く」は 「うごめく」と読みます。 phonetics and meanings of japanese structures and expressions. 「漢ぺき君」とは電話で漢字の書き方を伝える要領を簡略化し構成要素の読み・名称の頭文字をおおむね筆順でつなげて漢字の見出しとします 公式サイト 「うごめく」 は、春の下に虫、ということから、真っ先に「」という言葉を思い出した。

「うごめく」を漢字で書くと?

漢字 うごめく

【蠢く】 虫がはうように絶えずもぞもぞ動く。

5
また、のように、漢字の意味を想像するとなんとなく読み方が分かるものもあります。