第 3 次 補正 予算。 「コロナ対策」「構造転換」「防災」3本柱 3次補正原案、15兆円超の大規模か

菅首相 第3次補正予算案 11月10日ごろに編成指示へ

予算 次 第 3 補正

また、11月7日のでも、経済財政諮問会議の第3次補正予算案に対する提言案にも「地方創生」というキーワードが見られます。 今年度の第3次補正予算案の編成をめぐっては、菅総理大臣が10月29日の参議院本会議で、新型コロナウイルスによる影響をはじめ、国内外の経済動向を注視しながら、予算上の措置も含めて対策を講じる考えを示しました。

2.ポストコロナに向けたデジタル化とイノベーションの推進 人格の完成、国家・社会の形成者の育成を目指して、学力の三要素を踏まえて、小中学校はもちろん高等学校段階において、統一的・緊急的・計画的に、各地の取組状況を乗り越えて、国として1人1台の情報端末やICT環境の学校内外や家庭での整備、デジタル化に対応した産業教育設備等の整備、中山間・離島等での遠隔授業導入等を推進すること。 菅義偉首相=竹内幹撮影 菅義偉首相が10日にも全閣僚に指示する追加経済対策と今年度第3次補正予算案の編成方針原案が5日判明した。

第3次補正予算・経済対策の議論 ー学校のデジタル化と10兆円規模の大学等支援基金の創設等

予算 次 第 3 補正

財源の裏付けとなる2020年度第3次補正予算案で、公共事業に総額2・5兆円程度を確保する。 新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた新たな経済対策を踏まえ、政府は、今年度の第3次補正予算案について、一般会計の総額で19兆2000億円程度とする方向で最終調整しています。

16
日本経済全体の需要と潜在的な供給力の差を示す需給ギャップ(GDPギャップ)は7~9月期の回復を経ても30兆円超残るとされ、巨額の需要不足を追加の経済対策で解消する必要がある。

第3次補正予算案 一般会計総額、19兆円程度で調整(TBS系(JNN))

予算 次 第 3 補正

もしかしたら、このコロナ対応特別枠が第3次補正予算で延長されるのかもしれません(全く別の施策になるかもしれませんが)。

17
コロナ禍の爪痕は深く、国内経済は7~9月期で34兆円程度の需要不足が残る。

菅首相 第3次補正予算案 11月10日ごろに編成指示へ

予算 次 第 3 補正

ところが、持続化給付金では再委託問題が批判され、担当部局は持続化給付金の単純延長に尻込みしている。 期限を再延長するなら、2021年1月以降の支給分の追加財源が必要となる。

5
そうであるなら、企業向け給付は、これまでの対策を継続するより、ポストコロナを見据え、業務の転換やデジタル化を促すなど、目的を絞った補助金に転換することが考えられる。

国の第3次補正予算、注目すべき「6つの焦点」

予算 次 第 3 補正

3次補正の規模を当初見込んだ10兆円超にとどめれば、計57兆6千億円を計上した1、2次補正の経済効果の剥落に伴い財政支出が急激に縮小し景気が悪化するとの意味だ。 11月6日、は次のように報じました。

4
概要は以下です。

コロナ第3波対応のための「2次補正予算の予備費」はどこへ

予算 次 第 3 補正

政府は8日、臨時閣議を開き、新型コロナウイルス対策やGoToトラベルの期限延長、脱炭素社会に向けた技術開発支援の基金などを盛り込んだ新たな経済対策を決定します。

15
新型コロナを機に在宅勤務をはじめとした新たな生活様態が定着するとみて、主に中小企業向けに業態転換の支援制度を策定する。

国の第3次補正予算、注目すべき「6つの焦点」

予算 次 第 3 補正

政府は、最終調整を行った上で、臨時閣議で決定する方針で、この経済対策をもとに第3次補正予算案と来年度予算案の編成作業を急ぐことにしています。

4
3%を国債に頼る過去最悪の状況です。

第3次補正予算・経済対策の議論 ー学校のデジタル化と10兆円規模の大学等支援基金の創設等

予算 次 第 3 補正

近年多発する大地震・豪雨等を踏まえ文化財の防火・防災対策を図ること。

11
高橋)事前に予測ができて、財源があれば、何とかなるではないですか。 また、デジタルトランスフォーメーション(DX)を進める企業の投資を税制優遇措置で後押しする考えがあることを、10月14日のは報じています(これは補正予算ではなく当初予算かもしれませんが)。

第3次補正予算案 一般会計総額、19兆円程度で調整(TBS系(JNN))

予算 次 第 3 補正

また、アメリカやヨーロッパでは感染が再び拡大していて、世界経済の先行きは不透明感が強まっています。

15
事業規模はおよそ73兆6000億円で、今年度の第3次補正予算案と来年度予算案にあわせておよそ30兆6000億円を計上するということです。