て に あまる 舞台。 第1回 ここから何がうまれるのか?

【藤原竜也 主演・柄本明 演出&出演】新作舞台『てにあまる』2020年12月上演決定!【コメントあり】|株式会社ホリプロのプレスリリース

舞台 て に あまる

自分の中で疑問に感じるところがあれば、皆さんと話し合いながら作り上げるという濃い時間を過ごせそうで、楽しみにしています。

18
と悔しく思っていたので舞台で演出もつけて頂けることが嬉しいです。

Sky presents舞台『てにあまる』ビジュアル撮影レポート!高杉真宙らがインスタントカメラで表現した人間関係│エンタステージ

舞台 て に あまる

『レインマン』(2018年上演 松井周演出)で濃密な時間を過ごした松井周さんが書き下ろしてくださる脚本も、同じく想像はつきませんが、新作に挑戦できる喜びを感じながら挑みたいと思います。 部下は男の家を訪れ、見知らぬ老人がいるのに驚く。 そして老人しか知らない、男の過去の真実とは何か。

3
そこがとてもいいんですよ。 その柄本と2015年の舞台『とりあえずお父さん』で共演し、一筋縄ではいかない柄本との芝居に強く刺激を受けたという藤原竜也。

【藤原竜也 主演・柄本明 演出&出演】新作舞台『てにあまる』2020年12月上演決定!【コメントあり】|株式会社ホリプロのプレスリリース

舞台 て に あまる

覚えていらっしゃいますか?」と声をかけると「おお、覚えてるよ。

16
そして今日の撮影では大、大、大、大先輩の柄本さんの首を締めるという事をさせていただきました(笑)。 男はベンチャー企業の経営者であり、部下(高杉真宙)が彼を支えている。

Sky presents 舞台『てにあまる』メインビジュアル発表!藤原竜也,高杉真宙,佐久間由衣,柄本明が取っ組み合い!撮影は映画『岬の兄妹』片山慎三監督【撮影レポートあり】

舞台 て に あまる

一人で暮らす老人(柄本)と、ベンチャー企業の経営者の男(藤原)の奇妙な同居生活の中、男を支える部下(高杉)が、男と離婚したがっている別居中の妻(佐久間)を連れてくる。

5
プロモーション映像の監督は、ポン・ジュノ監督や山下敦弘監督作品などの助監督を経て『岬の兄妹』で初監督を務めた片山慎三。

【藤原竜也 主演・柄本明 演出&出演】新作舞台『てにあまる』2020年12月上演決定!【コメントあり】|株式会社ホリプロのプレスリリース

舞台 て に あまる

今回の発表とあわせて佐久間由衣のコメントが到着した。 早速テーブルの上に置かれたインスタントカメラに興味を持つ。

3
ある家族を描きながら、人間という動物の抗えない欲望を見つめるサスペンスドラマが生まれます。

藤原竜也主演『てにあまる』ビジュアル公開!片山慎三が激写した独特な世界観│エンタステージ

舞台 て に あまる

でも、稽古を何回もしていると染み付いてくるような…ふと台詞を言ってしまったりする…そんな予感はしています。

藤原さんとは初めてご一緒させて頂くのですが、ずっと作品を観て憧れてきた大先輩と立つ舞台は、想像だけでは収まりきらないくらい緊張感ある舞台なんじゃないかと思います。 だから何度も会いまして、しゃべりまして、ウチの芝居も見てもらって、稽古も見てもらって、お互い共通する変態性も確認しました。

藤原竜也、高杉真宙、佐久間由衣、柄本明が共演 舞台『てにあまる』PV公開

舞台 て に あまる

実際、演劇の現場はいろいろなケアや対策を万全にしてくれているんですけどね。 でも、いろいろお話できたらいいなぁ、と思っています。

次に姿を現したのは柄本。 早速テーブルの上に置かれたインスタントカメラに興味を持つ。

Sky presents 舞台『てにあまる』 チケット情報

舞台 て に あまる

やっぱりそこはひと月の稽古の中でしっかりとやって、より深く完成させていくものですから。 藤原さんとは初めてご一緒させて頂くのですが、ずっと作品を観て憧れてきた大先輩と立つ舞台は、想像だけでは収まりきらないくらい緊張感ある舞台なんじゃないかと思います。 妻と部下の関係を疑い、壊れていく男。

4
柄本明が老人役、藤原竜也が男役、高杉真宙が部下役、舞台初出演となる佐久間由衣が妻役を演じる。