こう の す シネマ。 USシネマ

TOHOシネマズ 岡南:上映スケジュール

す こう シネマ の

カップルデー 毎週月曜日(男女不問)2400円• 1952年(昭和27年)、が選挙に当選しに就任する。

赤い内装で統一されている。

こうのすシネマ

す こう シネマ の

千葉県千葉市蓮池地区にを開館 、臼井興行部として創業• シネマックス千葉開館、シネコン経営に進出 詳細は「」を参照 略歴・概要 [ ] (大正8年)、(現在の越中島)で商業を営むの父が、千葉県千葉市の蓮池地区(同市1225)に活動写真の常設館としてを開館し 、臼井家の個人事業として臼井興行部を創業。 シアター7:314席• 配布が終了している場合がございますので詳細はお問い合わせ下さい。 免許発行・更新及び仮免許発行・各種変更届をした場合、免許証提示で1600 Kサイズドリンク付、当日から1週間以内有効• シアター3はUSシネマ最大の413席。

15
シネマックス鴻巣 ポイントカード [ ] 一般カード、シニアカード [ ] シネマックス千葉、千葉劇場とシネマックスパルナ稲敷、ちはら台、足利のポイントカードは異なる。 同年、荘一の長男が同社に入社する。

こうのすシネマ/北本市

す こう シネマ の

池田貴恵 2007年9月7日. USシネマパルナ稲敷(、ショッピングセンターパルナ隣接) 上映作品数は通常10〜15作品程度だが、東宝洋画系(主にスクリーン3)の作品は上映されないこともある(例:『』、『』、『』、『』など)。

6
戦後復興し、(昭和21年)頃には、復興した千葉演芸館を含めて、千葉県内の、同市、、等に8館の映画館を展開する。

映画館情報

す こう シネマ の

市場情報 非上場 略称 千葉興行 本社所在地 〒260-0013 中央3丁目8-8 設立 1919年 創業 9月 設立 事業内容 劇場の経営、不動産賃貸業 代表者 資本金 1,000万円 関係する人物 二代目社長 元専務取締役 外部リンク 千葉興行株式会社(ちばこうぎょう)は、日本のである。 - つくば、ちはら台、パルナ稲敷といった残るシネマックス3サイトをUSシネマに館名統一 劇場 [ ]• サービスデー 毎月1日 12月以外 1200円• オープン日にはのが来館し、社長らと共にテープカットを行った。 - シネマックス千葉閉館• 時期は不明であるが、臼井荘一が二代目を引きつぎ 、1936年(昭和11年)頃には社長として経営を行なっている。

4
コンセッションではを販売していた。 鴻巣駅前にある日本初の市民ホール併設型シネマコンプレックス。

こうのすシネマ

す こう シネマ の

[Scr. 2002年(平成14年)6月17日、千葉市のにをオープン、関連会社の千葉復興がこれを所有、テナントにの「クラブセガ幕張」、角川グループが経営するが入居し、現在に至る。 ・配布に際し入場者プレゼントの種類はお選びいただけません。 こうのすシネマ(Kounosu Cinema)は、・の前にある商業施設アネックス内にある。

13
「公設民営」の形でに「 」として再開された。

こうのすシネマ/北本市

す こう シネマ の

- に伴い、ちはら台(4月16日再開)、パルナ稲敷(4月23日再開)、鴻巣(12月15日閉館)が休館• USシネマちはら台(、内) 市原市内初のシネマコンプレックス。 飲食物がこぼれて衣服が汚れたり、温かい飲み物による火傷等は、当館では責任を負いかねます。 千葉劇場(千葉県千葉市中央区) 上映作品数は通常2作品程度。

18
スクリーン7・314• 問合わせ先:050-6868-5042【10:00~21:00】. 1997年5月24日• - シネマックス足利開館• カードの提示で鑑賞料金が200円割引になったり、スタンプをためるとポップコーンがもらえたりする特典がある。

こうのすシネマ(鴻巣)上映スケジュール・上映時間:映画館

す こう シネマ の

末期の(昭和20年)、千葉演芸館を取り壊し、その後の同年6月10日にを受ける。

3
シアター4:141席(3D対応)• 詳細はを参照。 最大シアターでも400席以下であり比較的小規模であった。

109シネマズ

す こう シネマ の

足利市役所の誘致によって開業し、市内の活性化の原動力となることが期待されたが、両毛地域に複数のシネマコンプレックスが存在し集客が想定の半分程度に満たず、業績不振のためわずか1年3ヶ月で閉館に追い込まれた。

スクリーン4・141• - 日活、東京テアトルより運営を引き継ぎ、シネマックス千葉ニュータウンが部分開館• 他の3サイトとはポイントカードが異なっていた。

映画館情報

す こう シネマ の

コンセッションではを販売していた。

一般 1,800円 大学生 1,500円 要学生証 高校生 1,500円 要学生証 中学生 1,000円• 上映作品数は通常15作品程度。