大分 つり 情報。 釣り情報 週刊つり太郎WEB

大分 つり場の天気

情報 大分 つり

磯釣りの方は本格的な寒グロ期に突入しており、食い渋るクロを如何に食わせて獲るかにかかっている。

時合いが来ればまとまった数釣りもできる。 伊崎港や浦代港では、フカセのメイタ・チヌや、サビキのゼンゴ・アジが釣れている。

防波堤情報 週刊つり太郎

情報 大分 つり

別府一文字では、依然としてフカセのクロが続釣中。 メイタやキビレも交じる。

1
これから春にかけて、徐々にサイズがアップするだろう。

九州釣り情報 【 九州各県の最新釣果をお届けする総合釣り情報サイト 】

情報 大分 つり

掲載している写真と文字情報の無断転用はかたくお断りします。 日見港や網代港では、際狙いでメバルやホゴなど根魚が順調。

16
特に夜釣りで数釣りが期待できる。 真那井港や大神漁港、日出港などでは、フカセのメイタ・チヌが続釣中。

釣り情報 週刊つり太郎WEB

情報 大分 つり

伊崎港や浦代港では、フカセのメイタ・チヌや、サビキのゼンゴ・アジが釣れている。

18
アタリ自体は少ないので、我慢の釣りにはなる。 国東の各河口では、ルアーやエサ釣りで、セイゴ・フッコがぽつぽつ。

釣り情報 週刊つり太郎WEB

情報 大分 つり

中津港では、新波止からのフカセで、メイタ・チヌが続釣中。 ルアーのセイゴ・フッコがぽつぽつ。 また、ルアーのスズキ、沖の方では青物の魚影もある。

10
徐々にチヌのアタリも増えている。

大分 つり場の天気

情報 大分 つり

気軽にお土産を確保できるので楽しめる。 特に蒲江のイカダでは、エギングでもキロ級のモイカがアタっており、型狙いをするにも持って来い。 投げ釣りのカレイは年々アタリが少なくなっているので、我慢の釣りとなる(15cm以下のマコガレイは採捕が禁止されているので、釣れた場合は必ずリリースをしよう)。

3
清水港や柿ノ浦港など、半島の先端部では、エギングや泳がせのモイカが続釣中。

大分県の釣り場情報

情報 大分 つり

また、沖では青物の魚影も濃く、ジギングや泳がせでハマチなどがヒット。 上浦〜蒲江方面 アジ・チヌ・クロ・モイカ 佐伯方面では、各波止でアジが続釣中。

19
四浦半島での竿出しは、地元の方の迷惑にならないよう、一人一人がマナーを守って釣りをすること。 時期的には厳しいが、竿出しすればそれなりに釣果を得られる。

大分県の釣り場情報

情報 大分 つり

佐賀関の金山港周辺では、サビキのゼンゴ・アジが順調。 これから春にかけて、徐々にサイズがアップするだろう。

18
例年に比べるとキスの魚影が濃い。