フェラーリ ローマ 価格。 フェラーリが新型クーペ、『ローマ』発表…620馬力ツインターボ搭載

最新のフェラーリは「甘い生活」 フェラーリ・ローマ発表

ローマ 価格 フェラーリ

これこそが伝統の成せる業なのであり、フェラーリの過去を知るファンにはたまらない、別の意味での魅力となっているのはいうまでもないところだ。 いっぽうドアを開けると、途端にハイテックなムードがドライバーの目に飛び込んでくる。

2
トランスミッションは、フェラーリ初のプラグインハイブリッド車(PHV)、『SF90 ストラダーレ』にも採用された新しい 8 速デュアルクラッチを組み合わせた。

最新のフェラーリは「甘い生活」 フェラーリ・ローマ発表

ローマ 価格 フェラーリ

フルデジタルコックピット インテリアにも、新たなアプローチを採用している。 25rem;font-size:1rem;color: 000;background-color:rgba 255,255,255,. ステアリングホイールには静電容量式タッチパッドとスイッチが装備され、使い勝手を向上させているはずなのだが、その操作に慣れないうちは、スイッチを操作したレスポンスがやや小さいことと、ボイス・コミュニケーションの誤動作がやや気になった。

ドライバー優先の伝統的フェラーリと異なり、助手席にもほぼ同等の構造が与えられ、包まれるコクーン(繭)感覚が強調されている インテリアは事実上まったくのオリジナルである。

フェラーリ、『ローマ』の詳細を発表…620馬力の 2+クーペ

ローマ 価格 フェラーリ

ベースになっているのは、格納式ハードトップを持つフロントエンジンの「フェラーリ・ポルトフィーノ」である。 インテリアには、新たなアプローチを採用している。

3
このエンターテインメント感は、劇場で幕が開いてオーバーチュア(序曲)が始まり、やがて歌手たちが登場する歌劇の始まりのような感覚に似る。

注目のスーパーカー、フェラーリ「ローマ」&マクラーレン「エルバ」が発表

ローマ 価格 フェラーリ

フェラーリが新たなカスタマーを獲得すべく送り出したグラントゥーリズモ「ローマ」を、スーパーカー大王こと山崎元裕氏が箱根で試乗。 ステアリングホイールのエンジンスタートボタンが押されると、すべてのデジタルコンポーネントが徐々に点灯して、最後にコックピット全体が輝く。

16
フロントにはアンダーボディのボルテックスジェネレーター、リアにはアクティブエアロダイナミクスも装備した。 メーターしかり、フェラーリにとって電子デバイスは、ドライブする人間を的確にサポートし、かつそのポテンシャルを最大かつ安全に発揮できるためにある。

「フェラーリ・ローマの見積もり取得!車両2682万円、オプション549万円、トータル3347万円!」intensive911(JUN)のブログ | intensive911(ポルシェ、ランボルギーニ、VW、アウディ、ミニ、レンジローバーほか)

ローマ 価格 フェラーリ

社内によるデザインは、1963年のフェラーリ製GTをイメージしたという。

ドライバーや他の乗員のために、安全性に優れたパッセンジャーセルを導入した。 だが、昨今トレンドであり、この車のスタイリング・コンセプトのひとつでもある「ミニマリスト」を実践するなら十分だろう。

「フェラーリ・ローマを買いに行ってみた!」intensive911(JUN)のブログ | intensive911(ポルシェ、ランボルギーニ、VW、アウディ、ミニ、レンジローバーほか)

ローマ 価格 フェラーリ

ドライビンググローブをして大径ステアリングを操っていた60年代のフェラリスタだったら、面食らうだろう。 これは正真正銘、フェラーリの最新にして、技術の粋が余すところなく導入されたニューモデルなのだ。

それはこれまでに経験したことのない、フェラーリのなかでも独特なベクトルの上にあるニューモデルにほかならなかった。